東文中醫クリニック・新橋

東文中醫クリニック・新橋

アレルギー性の症状

Medical

アレルギー性鼻炎 (花粉症)MEDICAL

もうそろそろ、鼻がムズムズ・クシャミが止まらない・目がかゆい等、花粉症の諸症状が顔を出し始める時期です。 アレルギー性鼻炎について、先日開かれた『中日国際中医臨床経験交流会in東京』の発表から柳蕙心先生の内容を参考にお話しします。 中医におけるアレルギー性鼻炎の原因の一つは「湿邪」です。「湿邪」にはダニ・カビ・花粉などの「外湿」、飲食習慣に由来し、脾胃と呼ばれる消化機能の低下による「内湿」があります。 本来、健康的な体質の状態にあれば、湿邪に影響されることはありません。しかしながら、一旦体調を崩し、体が弱る「虚」の状態になると、それに乗じて邪気が侵入すると言われています。黄帝内経という古典では「正気存内、邪不可干」や「邪気所奏、其気必虚」と表記されています。 つまり、アレルギー性鼻炎は体を守るための正気が欠けている状態であるために引き起こされるということです。 現代医学では、抗ヒスタミン剤やステロイド抗アレルギー剤の使用により炎症を抑えるのが主となります。 中医学では、体の湿邪を取り除くことが治療の要となります。当然のことながら体質を弁証で見極めて、合わせた治療を行います。 「鼻は肺の竅(あな)」であり、肺を補うためには脾胃(消化機能)が調っていなければなりません。上部で述べた「内湿」を取り除くことで、肺の母である脾胃を正常な状態にし、最終的に肺を補うことでアレルギー性鼻炎を治療することを目的としています。 アレルギー性鼻炎の予防と治療のために ⒈体を冷やす食べ物を避ける。または、加熱して食べる。 ⒉十分な睡眠と適度な運動。 ⒊室内と室外の温度差を少なくする。 ⒋鼻うがいをする。   東文中醫クリニック・新橋ではこのように治療を考えます 一般的に花粉症には小青竜湯を使われる方が多いです。しかしながら、中医には「標・本」という考えがあり、体にある本質の病因を「本」、「本」をベースに現れた多くの症状を「標」と呼びます。 小青竜湯を飲んで一時的に症状が落ち着いても、また再発する場合は「本」を治す必要があります。体質への理解が、すべての疾患に対する治療の第一歩です。その体質を判断したうえでの治療をお勧めします。 特に通年である場合や、何年も繰り返す方は、「本」を調える事が必然となります。「標」を治すだけにせず「本」も治す、そんな治療を受けるべきでしょう。                  

季節の変わり目にジンマシンが出る30代女性MEDICAL

漢方エキス剤+時々生薬煎じ薬+鍼灸 全身のかゆみとかき壊して出血がありました。特にアレルギーの薬などは使用した事はなく、漢方による治療を希望されていました。気持ちが落ち着かないことや、花粉症などもあることから、鍼灸も併用して治療を進めました。 1ヶ月ほど顆粒エキス剤を服用し、カユミが減少しました。半年ほどで症状は改善されました。偶に寒暖差により再発する時がありましたが、生薬の煎じ薬を使用してから再発は見られていません。

こんな症状に中医の漢方・鍼灸を!

診療項目

情報

中医について

お問合せ