東文中醫クリニック・新橋

東文中醫クリニック・新橋

妊娠希望の方

Medical

治療経過の把握が必要なため、継続的・定期的に月経周期と合わせた治療をしましょう。MEDICAL

当院では、婦人科検査などの観点から、かかりつけの婦人科と合わせて治療をする事をお勧めしています。

婦人科検査の内容は重要ではあります。しかしながら中医では、体が持っている症状が大切なポイントとなります。その症状の改善を進めて行くことが、妊娠の可能性を高めていきます。

自然妊娠、体外受精に向けて準備をしたい方や不妊症でお困りの方。MEDICAL

◎月経不順があり気になる         

◎基礎体温が安定しない

◎着床しにくい

◎流産しやすいなど    

これらが不妊での問題となる事が多く見られます。

中医はどう考えるか。MEDICAL

月経の調整を、第一に重視します。中医では女性の妊娠の条件は、農作に例えられます。

・大地の温度(体温)

・水分量(血を含む水分量の過不足)

・整備具合(月経期の内膜環境)

・種の状態(精子の状態)

以上の条件がクリアすることで妊娠が可能であると考えられています。

◆月経の周期

◆期間

◆量

◆色

◆形状

◆月経期の痛みなどの諸症状など

以上の状態から冷えか熱か、弱っているのか、詰まっているのかを判断して薬の処方をしています。そして緊張や過度のストレスなども月経に影響を与える事があります。月経不順の調整が、基礎体温の安定や着床のし易さに繋がる判断基準の一つと言えます。

治療MEDICAL

・生薬の煎じ薬を使い個人に合わせた漢方を処方

・鍼灸を使い温めたり、緊張を取り除いたりなどの治療

・漢方の保険適用のエキス剤もありますが、体調は変化して行くものです。同じものを長期服用するよりも、通院をして時期に合わせた治療を継続的に行う事をお勧めします。

治療の内容も大事ですが、漢方薬に頼るだけではなく、個人でも生活習慣の見直しなどをされると良いでしょう。

大まかな治療方針MEDICAL

月経期

瘀血(オケツ、子宮内に溜まった血)を取り除き、新たに子宮内環境を整えます。

月経終了

特に月経で失った血を補う治療をしていきます。

低温期の途中

血を補いながら高温期の調整の為に体を温める漢方を使います。

 

漢方では、月経周期に合わせた薬の使い方があります。また、体調の変化によって薬の使い分けが大事です。流産しやすい人は、月経状態と合わせて腎という体の気を固める臓の調整や、体の余計な水分を取り除く漢方を主に使います。

 

こんな症状に中医の漢方・鍼灸を!

診療項目

情報

中医について

お問合せ