東文中醫クリニック・新橋 不妊症・ガンの漢方治療

(東京中医・漢方医療センター)

  • 診療科目:一般内科、漢方内科、漢方アレルギー科、漢方リウマチ科、漢方婦人科
  • 東文中醫クリニック・新橋 不妊症・ガンの漢方治療

    (東京中医・漢方医療センター)

    漢方アレルギー科

    Medical

    当院が力を入れているアレルギー疾患MEDICAL

    アトピー性皮膚炎  湿疹  結節性紅斑  じんましん 放射性皮膚炎 乾癬 天疱そう 円形性脱毛症

    花粉症 アレルギー性鼻炎 副鼻腔炎 小児ぜんそく 咳ぜんそく 気管支喘息

    難治性口内炎 潰瘍性大腸炎 クローン病 そのほかのアレルギー疾患

     

    アレルギーの治療は、多くの方がその症状を悩ましく感じ、単純な症状の改善や予防やステロイドの使用を無くしたいなど思いや目的は様々です。

    他で漢方薬を試したけれども、そこまで効果が感じられない。と、思われることもあるでしょう。それは「体質の判断が、十分ではない。」「薬の量や組み合わせが適切ではない。」可能性があります。

    当院での漢方アレルギー治療MEDICAL

    体質の十分な判断には、漢方専用の病気の判断方法が必要

    当院はで中国医学の「四診」という漢方で使われる診断方法から、体質を割り出し治療を行います。体質の変化を漢方薬ですることにより、アレルギー物質があっても発症しにくい/しない体を作っていきます。特に体質上では「五臓」の機能改善を目的にしています。

    また、症状の度合いなども考えて、漢方の煎じ薬が必要となる場合があります。それは保険の漢方エキスでも一定の効果がありますが、保険の漢方エキスには含まれていない体質に合わせた生薬が必要になる時があるためです。

    現在受けている西洋医学の治療は、続けることも考慮に入れられる

    当院は、西洋医学の治療を特に否定するようなことはありません。もし重症の段階であるならば、ステロイドによるコントロールも大事になります。症状が落ち着いてきたところで、漢方薬を併用することで効果が発揮しやすくなります。また、徐々にステロイドを減量させて離脱するケースもあります。

    担当医師の紹介   有効症例  費用

     

    中医学のアレルギーの考え方MEDICAL

    • 「肺と大腸は表裏関係にある」
    • 「肺主皮毛」
    • 「肺は鼻に開竅する」
    • 「風を治すには先ず血を治し、血が行けば風は自ずと滅する」

    などの言葉があります。

    「肺と大腸は表裏関係にある」・「肺主皮毛」・「肺は鼻に開竅する」

    それぞれの意味合いは

    • 「大腸の症状は肺と関係して、肺の症状は大腸とも関連性する。」
    • 「肺は皮フのご主人さま。」
    • 「肺の代表する穴は鼻」

    簡単な症例では、便秘が強い人は皮フに湿疹が出来やすくなることがあります。これに限らず、大腸の病気は肺に影響を与えることを示唆しています。また鼻のアレルギーや呼吸器とも、関連性があります。それぞれ肺や皮フの抵抗力と関係します。

    風を治すには先ず血を治し、血が行けば風は自ずと滅する」

    風(邪)は目には見えない花粉・ハウスダストなどのアレルギー物質や細菌・ウィルスなどを含んでいる大気です。その風は体外から体内に入ったり体内で風が起きます。その内の中に入った風は血行を改善をさせることでアレルギーは自然に消滅させると中国医学の理論では考えています。

    また、中国医学の理論には「五行論」があります。肺は金に属しますが、その肺を補うために土の力が必要です。土は脾胃、つまりは消化吸収機能の低下や胃腸の問題によっても肺が弱ることでアレルギーを起こします。体質によっては脾胃を調整する必要もあります。

    その診断と、一人一人異なる薬の組み合わせが必要なのは、これら複雑な要素を判断し解決するためです。

     

    診療科目

    有効症例集

    診療項目

    情報

    中医について

    お問合せ