東文中醫クリニック・新橋

東文中醫クリニック・新橋

中医診療(自由診療)

Medical

生薬処方(煎じ薬) 予約優先MEDICAL

テーラーメイド(質の良い、個人個人に合わせた処方)

漢方

当院の生薬には自信があります!信頼のおける国内のメーカーから、品質の良い生薬を仕入れており、院内の調剤室で患者さんの一人一人に合わせて処方しています。

エキス剤との違い

  • 保険適応の漢方エキス剤は約150種類。患者さんにぴたりと合った処方が見つからないこともあります。
  • 生薬処方はその人だけのテーラーメイド。上質の生薬を用い、院内で調剤します。
  • 生薬処方は、生薬が煎じられて多くの成分が混じることで効果を発揮します。「有効成分」以外にも、多くの成分が含まれます。エキス剤は「有効成分」だけが70%以上含まれたものなので、生薬処方はエキス剤に比べ、必要な成分が摂取出来るようになります。

薬草茶MEDICAL

 

煎じ茶の新しい選択枠

  • 漢方薬を飲んだことのない方。
  • 煎じる時間が無い方。
  • 市販の漢方薬が飲みにくいと感じる方。

このようなの方々には、生薬の煎じ薬よりも効果はやや低いですが、薬草茶を提案いたします。徐々に漢方薬になれて頂き、少しでも漢方の効果と魅力に気付いていただければと思います。

料金形態は、生薬処方と同様です。

鍼灸あん摩 予約優先MEDICAL

鍼灸

鍼灸は、痛み・シビレにだけに効くと思っていませんか?

実は、鍼灸の適応疾患の70%以上は、整形外科の疾患以外のものです。WHOにおいて、11系統の疾患に有効性を示すという発表をされた経緯があります。本場中国での古書でも、内科・婦人科・循環器科などの疾患と関係ある症状に、使用されていました。

東文中醫の鍼灸あん摩は、ここが違う

鍼は経絡を調整し「気」を通す。灸は身体を温め「気」を補う。あん摩は「形」を整える。

当院の鍼灸あん摩は、「形」「神」「身」から「気血」を整えます。「形」とは姿勢や骨格などを、「神」は心理・精神を、「身」は身体の内臓などの内部の状態を表します。「形」「神」「身」のどれが崩れても、身体の状態に影響を与えます。東文中醫の鍼灸あん摩は、身体の「形」「神」「身」がどの程度の影響が出ているかにより、「形」の崩れが強ければあん摩、「神」「身」の乱れが強ければ鍼灸などと治療方法を提案いたします。

 

カッピング(拔罐) 予約優先MEDICAL

カッピング

跡が残るが気持ちが良いガラス玉を真空にして、体に吸着させる治療方法です。体の表面や経筋と呼ばれる筋肉を刺激し、気血の流れを良くします。

血流の悪いところには「瘀血(おけつ)」と言う、肌が紫色になった状態が起こります。筋肉も引っ張られるようになるので、肩こりや腰痛などにも使われます。まれにだるさが出て、吸着した部分が少しのあいだ跡になりますが、気持ちい良い治療法です。

カッサ(刮痧) 予約優先MEDICAL

体表の瘀血を取り除く

水牛の角や石から作った「カッサ」という道具を使い、体の経絡に沿ってこすり、瘀血を取り除く方法です。「痧」と言う瘀血から出来た、体表の紅い点々をこすることから由来します。瘀血があると、紫色になる事があります。きちんとした方法を使えば、美容やマッサージによるデトックス効果が期待できます。

小児あん摩 予約優先MEDICAL

病気の治療と予防、スキンシップに

子供は成人と違い非常に敏感で、発育の段階にあるので気が弱い状態にあります。お子さんの成長を手助けするために、内臓の機能を高めたり、気の滞りなどを取り除いたりする小児あん摩を使います。消化不良、アトピー性皮膚炎、不安などの治療と予防に、よく使われます。また、親御さんにも小児あん摩をご家庭でも出来るように、ご指導いたします。お子さんとのスキンシップを増やすきっかけにも、どうぞ。

中医特約専門家カウンセリング 完全予約制MEDICAL

北京でも人気の中医師・徐文波や来日された先生を中心とした、中医の専門家による身体の相談が出来るカウンセリングです。

経験豊富な徐先生は様々な症状に対応しており、特に不妊症や更年期症候群など婦人科を専門分野としています。他にも様々な分野に特化した中医師の先生が、カウンセリングに参加いたします。ブログや新着情報からチェックをしてみてください。

※中医特約専門家カウンセリング料が別途かかります。

 

 

経絡測定MEDICAL

専用の計測機器を用いて、体の表面、皮ふ・筋肉・血管などを表す「井穴」、五臓六腑の気が集まる「原穴」と言うツボの電気抵抗を調べます。その結果から、体内・体外の気の過不足や上下左右のアンバランスを計測をします。(必要に応じて検査を致します。)

経路測定

 

こんな症状に中医の漢方・鍼灸を!

診療項目

情報

中医について

お問合せ