東文中醫クリニック・新橋 不妊症・ガンの漢方治療

(東京中医・漢方医療センター)

  • 診療科目:一般内科、漢方内科、漢方アレルギー科、漢方リウマチ科、漢方婦人科
  • 東文中醫クリニック・新橋 不妊症・ガンの漢方治療

    (東京中医・漢方医療センター)

    漢方婦人科

    Medical

    当院で特に力を入れている症状MEDICAL

    不妊・妊活
    生理不順 月経前後諸症状(生理前のイライラ乳房痛生理中の浮腫生理痛頭痛めまい下痢腰痛口内炎【PMS】)無月経 不正出血
    子宮筋腫 卵巣嚢腫 子宮内膜症
    更年期障害 更年期うつ
    妊娠中のかぜ膀胱炎 胎児成長不良
    産後うつ産後母乳がでない/出にくい 産後腹痛や関節痛産後便秘など
    陰部のカユミなど

    不妊症MEDICAL

    不妊症の原因には排卵障害・黄体機能不全・卵管通過障害・子宮内膜症・着床困難・免疫性などがあります。また、卵巣の老化や子宮内膜症がその大半を占めます。

    高度生殖医療は革新的に進歩していますが、「加齢に伴う卵巣機能の低下」「着床障害」「習慣性流産」という難題に突き当たっています。卵子の質は、加齢とともに低下し、30歳を過ぎると下がる一方で、高度生殖医療をもってしてもカバ―が出来ないのです。

    35歳で不妊治療した人のうち、子供が生まれた割合は16%。40歳に至っては8%です。45歳を超える女性の場合は、体外授精を利用しても妊娠できる可能性は0.5%ほどになっています。

     

    漢方薬や鍼灸と西洋医学の併用をするどんなことがあると思いますか?

    漢方と西洋医学の併用で子宮内膜の状態、卵子の質の向上が図れます。
    中国10数年前より、不妊症の治療で人工授精・体外受精も盛んに行ってきました。単なる西洋のみの治療より、漢方および鍼灸の併用のほうが、妊娠率は上がることがわかってきました。

    当院での不妊症治療MEDICAL

    必要なのは専門的な漢方医による原因の見極めと、正しい薬の使用。

    不妊症に効果が見られている漢方治療ですが、現在に至っては漢方の普及はなされており、当帰芍薬散・八味丸・温経湯など使われています。場合により、ルーチン的に上記の処方される時があります。

    しかし、当院では人が漢方薬がに合わすのではなく、「漢方薬は人に合わせる」と考えています。

    当院での中医不妊症治療は、中医学の弁証に基づいて一人一人の体質に合わせた漢方薬を処方します。それは、1つの不妊症という状態であっても、一人一人の原因があるからです。

    例えばその原因が「湿」か「気」か「瘀血」かと多種にあり、治療においてはその原因の重度の具合により、生薬であれば量の調整が必要になります。

    また、年齢とともに生殖に関わる「腎気」が低下や、体の湿気や血流の滞りである「瘀血」が強いと妊娠が困難になります。

    そいういった時、医療用・一般漢方薬では効果が薄く、腎気を補う薬や湿気や瘀血を強く取り除くなどの体にマッチした薬の加減が難しいことから生薬の使用が必要となります。

    その大きな前提に、正しい弁証論治が行われなければ、期待できる効果が得られないことがあります。

    担当医師の紹介   有効症例  費用  鍼灸について 妊娠希望の方

     

    不妊症治療での中医の研究MEDICAL

    排卵障害の不妊症で80人を対象に行った鍼灸の臨床研究

    40人の単純な鍼灸による治療の実治療群(関元、足三里、子宮、中極、三陰交)とそれの対照群としてクロミフェンクエン酸塩の単純内服で比較されました。結果として、両群ともに排卵にはほぼ同等(P>0.05)の効果を得られました。さらには対照群に比べて、鍼灸を使った実治療群では受精率が高く、流産率が低く(P<0.05)なるという研究結果が出ました。

    その論文の結びには、鍼灸治療後の受精率や流産率から考えると、内服の薬よりも安全で効果があると述べられています。

     

    自然妊娠、体外受精に向けて準備をしたい方や不妊症でお困りの方MEDICAL

    婦人科検査の内容は重要ではあります。しかしながら中医では、体が持っている症状が大切なポイントとなります。その症状の改善を進めて行くことが、妊娠の可能性を高めていきます。

    ◎月経不順があり気になる
    ◎基礎体温が安定しない
    ◎着床しにくい
    ◎流産しやすいなど 

    これらが不妊での問題となる事が多く見られます。

    中医はどう考えるか。

    月経の調整を、第一に重視します。中医では女性の妊娠の条件は、農作に例えられます。
    ・大地の温度(体温)
    ・水分量(血を含む水分量の過不足)
    ・整備具合(月経期の内膜環境)
    ・種の状態(精子の状態)

    以上の条件がクリアすることで妊娠が可能であると考えられています。

    治療方法の提案

    ・生薬の煎じ薬を使い個人に合わせた漢方を処方
    ・鍼灸を使い温めて骨盤内の血流の改善、緊張を取り除いたりなどの治療
    ・漢方の保険適用のエキス剤もありますが、体調は変化して行くものです。同じものを長期服用するよりも、通院をして時期に合わせた治療を継続的に行う事をお勧めします。

    治療の内容も大事ですが、漢方薬に頼るだけではなく、個人でも生活習慣の見直しなどをされると良いでしょう。

    ■当院の不妊症に関するブログ

    月経不順と不妊症(ブログ)

    中医漢方・鍼灸の生理不順や不妊症になりやすい体質傾向(ブログ)

    体質傾向から月経不順と不妊症になるメカニズム(ブログ)

    当院での月経不順と不妊症の治療方法(ブログ)

    診療科目

    有効症例集

    診療項目

    情報

    中医について

    お問合せ