医師紹介

  1. トップ >
  2. 医師紹介

医師プロフィール

李 向軍 (医師 特別顧問)

担当:日・月曜

漢方によるガン治療、不妊症、アトピー性皮フ炎、関節リウマチ、各種の難病で実績を残し、これらの疾患に力を入れています。

得意とする分野

1. ガン漢方
脳腫瘍、肺ガン、乳ガン、すい臓ガン、大腸ガン、子宮体ガン、子宮頸ガン、悪性リンパ腫、胆管ガン、肉腫などの単独・併用・術後の各治療。
2.婦人科
不妊症、不育症、無月経、 PMS、 不正性器出血 、子宮筋腫、 卵巣嚢腫、子宮内膜症、更年期障害、 更年期うつ、産後うつ、 関節痛 など
3.アレルギー
アトピー性皮膚炎、湿疹、結節性紅斑、じんましん、乾癬 、 円形性脱毛症、 花粉症、 副鼻腔炎 、喘息、 難治性口内炎、 潰瘍性大腸炎、 クローン病 その他のアレルギー疾患
4.関節リウマチ
5.内科
ベーチェット病、1型・2型各糖尿病、糖尿病合併症シビレ、前立腺炎、自閉症、 めまい、 耳鳴り、ニキビなど

研修歴

国医大師(日本でいう人間国宝)に師事し、勉強しました。

国医大師・熊継柏先生
熊継柏先生得意分野:がん、不妊症、婦人科疾患、各種難病など
国医大師・晁恩祥先生
晁恩祥先生得意分野:肺がん、喘息、間質性肺炎、COPDなど
国医大師・許潤三先生
許潤三先生得意分野:婦人科がん、不妊症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、婦人科疾患全般

経歴

平成8年
中国吉林省延辺大学医学部卒業 、中国吉林省吉林市立病院勤務
平成17年
日本国医師予備試験合格、 神戸大学医学部5年生に特別編入、実地修練
平成18年
日本国医師国家試験合格 、神戸大学病院研修医 神戸大学病院糖尿病内科に入局
平成20年
兵庫県立尼崎病院東洋医学科勤務
平成21年
兵庫県立尼崎病院東洋医学科、糖尿病内科勤務
平成22年
新須磨病院糖尿病内科外来勤務
平成23年
中国中日友好病院などで中医の研修
平成25年
西宮北口にて李漢方内科・外科クリニック開院
平成26年
中国上海復旦大学附属腫瘍病院中西結合科、上海中医薬大学附属龍華病院短期研修

役職・資格、参加する学会

役職・資格
世界中医連合会呼吸器病専門委員会 副会長「中里 道新(李 向軍)」
日本内科学会内科認定医
参加する学会等
世界中医連合会
日中医学協会
日本東洋医学学会
日本糖尿病学会

加藤 寿嘉 (医師)

担当:水曜

漢方・東洋医学、ホメオパシーなどの代替療法、整形外科、リハビリテーション科を専門分野としています。

得意とする分野

1. 漢方薬
変形性膝関節症、リウマチ性関節炎、坐骨神経痛、腰痛、脊柱管狭窄、アトピー性皮膚炎、ぜん息など
2.ホメオパシー
不安、悲しみ、トラウマ、精神的ストレスなど心理的な疾患、統合失調症 、アトピー性皮膚炎など
3.CSFプラクティス
脳せき髄液減少症や変形性膝関節症、リウマチ性関節炎、坐骨神経痛、腰痛、脊柱管狭窄 などの痛みの疾患

整形外科医でありながら、自然な漢方薬やホメオパシーなどの治療方法を使い、体の内外から調整をします。加藤医師のホメオパシーがしっかりと受けられるのは当院のみです。

平成5年より、整形外科、リハビリテーションの診療にあたる傍ら、20年以上にわたり漢方ほか、東洋医学、ホメオパシー、オステオパシー、CSFプラクティスなどの代替療法の研鑽を積み、診療に取り入れております。

特にホメオパシーは、ラジャン・サンカラン、ジェレミー・シェア、ジョナサン・ショア、ヤン・ショルテン、フラン・ヴァーミューレンなど、世界的なホメオパスの薫陶を受け、そのメソッドを取り入れながらも独自の方法で診療しております。

経歴

  • 新潟大学医学部附属病院整形外科、同院リハビリテーション部
  • 15年間にわたり、らいおんハート整形外科リハビリクリニック院長を務める。
    その傍ら、ホメオパシー、オステオパシー、脳脊髄液調整法(CSF-プラクティス)をはじめとする各種の代替療法の研鑽を積む。

資格・役職

資格
医師
役職
日本整形外科学会会員
日本リハビリテーション医学会会員
パーフェクトクラニオロジー協会(PCA)顧問

田口 眞寿美 (医師・医学博士)

担当:第1・3・4火曜日

東洋医学界の重鎮である丁宗鐡先生と大野修嗣先生に漢方の指導を受け、東洋医学と西洋医学を融合させた治療も得意としています。

得意とする分野

女性医師だから安心して相談できる婦人科疾患
1. 月経困難症、月経不順
血や気の巡り、冷え、ストレスなどの様々な原因がありますので、ご本人に合った処方を見つけて改善していきます。
2.不妊症
卵巣と子宮に力をつけていく煎じ薬の処方をメインにし、西洋医学の不妊治療と併用を希望される方には相談をしながらスケジュールを組んでいきます。
3.頭痛
頭痛を雨の日頭痛・冷え頭痛・肩こり頭痛などの性質に分けて、体に合わせた治療を行います。スマホのアプリなどと連動させて、効率的な治療を提供しています。
4.アトピー性皮膚炎
長年携わった小児科診療の経験
5.かんの虫、虚弱体質、おねしょ、起立性低血圧などの小児科疾患

丁宗鐡・佐竹元吉編集「スキルアップのための漢方相談ガイド」の執筆メンバー

本場の中医治療を提供したい!

私は秋田大学で小児外科を学びましたが、研修中に胸部外科のドクターが術後の患者さんに漢方エキス剤を投与して予後が改善する様子を見て、漢方への興味が募りました。

漢方研修のために上京した後北京に留学しましたが、学んだ先で中医学に魅せられ、いつか日本でも本場の中医治療を提供したいという夢を抱くようになりました。

その場で調合するテーラーメイドの煎じ生薬、経験豊かな中医師による至福の鍼灸治療、まだまだあります。ぜひみなさまにも体験して頂き、健康的な生活を送って頂きたいと考えております。

経歴・書籍・論文

経歴
秋田大学卒業 医師 医学博士
東京大学医学部生体防御機能学講座の研究科にて、丁宗鐡先生と大野修嗣先生に付き東洋医学と西洋医学の融合治療を学ぶ。
北京天衛クリニック
北京厚朴中毉学堂にて、著名中医師・徐文兵老師に師事し中医学を学ぶ。
同時期、著名な養生家・馬世琦老師より形意拳の内部にある内気功の指導を受ける。
埼玉医科大学東洋医学科・非常勤講師
書籍
丁宗鐡・佐竹元吉編集
「スキルアップのための漢方相談ガイド」南山堂
論文
丁宗鐡先生ほか共著
「 麻黄附子細辛湯が高齢者におけるインフルエンザワクチン接種に及ぼす影響」 漢方と免疫・アレルギー 2004

資格・メディア

資格
医師
日本東洋医学会認定医
日本医師会健康スポーツ医
メディア
「林修の今でしょ!講座」
「マツコの知らない世界」 監修
「田口ますみの毎日笑顔!元気塾」

外間 之雄 (管理医師)

趣味

マラソン(太らないために月300kmぐらい走っています)、読書(歴史と人類学等) 油断するとすぐ太るので食事と運動には気をつけて、早寝早起きしています。

経歴

経歴
杏林大学医学部 卒業
琉球大学病院 放射線科講師
沖縄メディカル病院 内科
ちゅうざん病院 前副院長

中医師の紹介はこちら

鍼灸師の紹介はこちら

ページの先頭に戻る