新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する漢方の考え方

  1. トップ >
  2. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する漢方の考え方

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する漢方の考え方

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全世界に広まっていく一方で、中国では漢方薬投与による治療が効果を上げ注目されています。昨年12月以後、COVID-19の予防、無症状、軽症、中等症、重症に対して中国各地で漢方薬治療が適用され、その臨床効果は中国の新型コロナウイルス診療ガイドラインに、生薬(漢方)によるCOVID-19治療のまとめとして掲載されています。現時点未だ標準治療のないCOVID-19に対して、漢方製剤を用いた治療はますます期待が高まっています。

参照:

中国ではCOVID-19の軽症、中等症、重症の幅広い範囲に「清肺排毒湯」が適用されています。清肺排毒湯は、漢代の張仲景が著した『傷寒雑病論』にある、外邪によって引き起こされる病に対する四つの名処方「麻杏甘石湯、射干麻黄湯、小柴胡湯、五苓散」を組み合わせたものが基本となっています。

基礎組成
麻黄 9g、炙甘草 6g、杏仁 9g、生石膏 15~30g(先煎)、桂枝 9g、澤瀉 9g、猪苓 9g、白朮 9g、茯苓 15g、柴胡 16g、黄芩 6g、姜半夏 9g、生姜 9g、紫菀 9g、冬花 9g、射干 9g、細辛 6g、山薬 12g、枳実 6g、陳皮 6g、藿香 9g。

以下の論文によると「清肺排毒湯」で治療を行なった701症例のうち、130症例が治癒および退院し、51症例の臨床症状が消失、268症例の症状が改善し、212例が悪化せず安定した症状改善を示したと報告されています。COVID-19に対する清肺排毒湯の有効な治癒率は90%以上です。
(Publicity Department of the People's Republic of China. Press conference of the joint prevention and control mechanism of state council on Feb 17,2020.)

湿毒

中医学からみると、COVID-19は強い外邪「疫癘」によって引き起こされ、陽を傷め、肺や脾の機能が阻害され湿毒を生じます。悪寒発熱などかぜの初期様症状を始め、体質によっては湿毒が熱化して湿熱に変化し、高熱が見られる場合もあります。体の体表を守る衛気が強い人は、感染しても症状が出ないか、または軽症で済みます。重症の場合は肺の宣発粛降機能が阻害され、咳やだるさが出て、呼吸困難に陥り、肺炎やさらに合併症が起こると、致死率はインフルエンザよりも遥かに上昇します。

宣肺化湿解毒

COVID-19の初期に対する治療原則は、肺の通りを良くし余分な湿を取り除く「宣肺化湿解毒」で、鼻やのど、体に風邪の初期様症状が出た時、あるいは症状がまだない段階でも治療を始めることが予防につながり、軽症者の早期改善、軽症・中等症からの重症化を防ぐためにも重要な役割を果たしていることが、武漢を始め中国各地の臨床により証明されています。

当院が処方する漢方薬の一例

1.神秘湯
肺の宣発粛降機能を正常化することで、臨床上気管支炎、喘息、咳ぜんそくなどによく使用されています。麻黄製剤はインターロイキン1aの産生を抑えたり、インターロイキン12を産生することによって、免疫過剰による高サイトカイン血症を防ぐ可能性が期待されています。白僵蚕を加えることで、さらなる効果が期待できます。(今回の新型コロナウイルス感染症による急変の多くは、この高サイトカイン血症によるものと言われている
(Kurokawa M,Tsurita M,Brown J,et al:Effect ofinterleukin-12 level augmented by Kakkon-to,a herbalmedicine,on the early stage of influenza infection inmice. Antiviral Res,2002;56:183~188)
2.荊芥連翹湯
清熱祛湿解表、余分な熱を冷まして追い出すとともに、「気」をめぐらせ、首から上の炎症に効く処方で、鼻づまりや濃い鼻水が出るなどのほかに、扁桃炎や咽頭炎、にきびなどにも使われ、コロナ感染症の湿熱タイプに対応します。
3.桔梗石膏エキス
清熱祛痰作用があり、風邪や扁桃炎、咽頭炎によるのどが腫れて発赤し咳を伴う場合等にも適している漢方製剤です。
荊芥連翹湯と桔梗石膏エキスを合わせることによって、小柴胡湯加桔梗石膏の方剤の意味も含み、発熱、空咳、喉の痛みなどコロナウイルス感染の初期症状に対応します。
4.ヨクイニンエキス散
肺気を降下し、かたまりを消散する作用があります。COVID-19で見られる、肺に白い影ができ呼吸困難に陥るという症状に対応します。また、免疫反応を引き起こし、水いぼや一般的なウイルス性のイボ(ヒトパピローマウイルス(HPV)によるもの)を消失させるとも言われています。最近では京都府立医科大学の研究で、ヨクイニンで白血病や皮膚がん、肺がんなどのがん細胞を抑えることができたと報告されています。さらに、ヨクイニンの抗ウイルス作用や抗菌作用が確認されています。
5.白僵蚕粉
カイコガ科のカイコの幼虫が白僵菌に感染し、白く硬直した死骸を乾燥させたものです。中医学的には解表、止痙、化痰作用があり、かぜによる発熱や頭痛、喉の痛み、痙攣、風疹による痒みなどに用いられています。

当院は、オリジナル漢方処方を提案します

当院は、清肺排毒湯をそのまま使うのではなく、その方意をよく理解した上で独自の臨床経験や既にある漢方エビデンスを元に、中国にいる中医専門家とも意見交換をしながら、日本の地域・気候特徴、日本人の体質、入手可能な漢方薬なども考慮し、さらに中西医双方の論点に基づき、COVID-19から身を守るためのオリジナル漢方処方を提案します。

今回の新型コロナウイルス感染症は、早期に鼻腔や上気道に繁殖するため、漢方薬をうまく組み合わせることによってウイルスの繁殖を防ぎ、感染予防、軽症・中等症の症状改善や重症化の減少に役立つ可能性があると考えます。具体的には、上述の煎じる必要のない漢方エキス顆粒剤を比率良く配合し、そこへ白僵蚕粉を加えることでより日本人に適した処方としています。

体質や基礎疾患などお身体の状態によって処方内容は変わります。また、100%の予防および治療効果をお約束するものではありません。遠隔による診療にも対応いたしますので、詳しくは受付または担当の主治医へご相談ください。

遠隔診療についてはこちら >>

ページの先頭に戻る